できた!!!!!!

今年のお盆頃からゆるゆるとスタートし、
途中中だるみしながらも(私が)、本日公開にこぎつけました。
クリスマスイブにオープンです。

わたくしの実家の商売のウェブサイトです。
c0055740_0185165.jpg



デザイン・ディレクションをFUZZ GRAPHICSさん(夫)、ライティングをわたくしめが担当しました。

Web業界を離れて久しい私、実家の商売のことを勉強するのも初めてで、
最初のうちはライティングが遅々として進まず、隣のデザイナー氏をよく待たせていました。
やっと原稿書き出したと思ったらすぐに席を立ち、お茶を入れにいったりお菓子を探しにいく私・・・さぞかし歯がゆく思っていたことでしょう。笑

それでもコツコツ作り続けてくれて、最後まで細かい手直しを夜中までやってくれていて、
真摯に作る姿勢を見せてくれたこと、身内ながら本当に感謝の気持ちでいっぱいだったりします。

作ってみて、良かったなあと思うこと。

まず、義務感ではなくやりたいという気持ちを持てたタイミングで始められたこと。
実家の商売ことを私はなんとなくしか理解していなくて、
いつかウェブサイトを作ろう、という話をしてはいたけれど、
義務感のほうが先に立つだけで、実行に移すことができずにいました。
夫が背中を押してくれたこともあるけれど、前向きに取り組むことができました。

あと、ライティングのために資料を読むことで、
両親の仕事のことを初めて理解できたように思えたこと。
恥ずかしながら初めて知ることばかりで、今まで「医療ガスの配達」っていう
曖昧なイメージだった仕事が、立体的、具体的になって見えてきて、
こうやって働いて育ててくれたのだなあ・・・と、なんともいえない気持ちが湧いてきました。

医療ガスや産業ガスと一口に言っても本当にいろいろな種類があって、
取り扱いを一歩間違えると危険なので、遵守しなくてはいけない法律がたくさんある。
普段仕事の話を一切しない父親に質問すると、現場での経験に根ざした話がたくさん聞けたりして、改めて「すごいよ、お父さん!」と思ってしまったり。笑

そして、これが最大だけれど、両親がものすごく喜んでくれたこと。
最初のうちは、「ホームページを持ちたい!」とはいうものの、
どう作っていくものなのか不安もあったと思う。
だんだんと形になっていくサイトを見て、わくわくしてくれてる気持ちが伝わってきて、
本当にいい雰囲気で完成させることができたこと。
お客様と仕事をして喜んでもらう時とはまた違った、静かなじわじわとした喜びでした。

実家の愛犬マロも活躍してくれて、プロさながらの被写体となってくれました。
ボンベもたくさん撮影したし(撮影は夫のお義父さん)、身内で力を合わせて作り上げたという感じ。

作る過程も、実家で何度もミーティングしたり撮影したり、母の料理を堪能したり、楽しかったな。
こんな親孝行もありなのかなあ、ありだといいな、と思いながらの半年でした。

いや、よかったよかった。
あとは運営です。(汗)

さて、頑張ったことだし、明日は「ノルウェイの森」観て、美味しいごはんを食べるのだ。
[PR]
by sayacok | 2010-12-25 01:22 | DAY&NIGHT
<< あけましておめでとうございます クリスマスぽく。 >>