やっぱり

昨日の「トップランナー」映画監督・荻上直子さんの回を見ていて思ったこと。

例えば年齢だとか、結婚したり、社会的な責任ができたりして背負うものができたとしても、
それで物わかりが良くなったり、丸くなる必要なんてないということ。
自分次第で、いつまでも身軽な気持ちでいられるのだな。

最新作の「トイレット」がすごく好きだと思って、
その気持ちを忘れないためにDVDを買おうと思っていたのだけど、
監督の話を聞いていて、また思い出した。

この世の中には、「丸くな〜れ〜、丸くな〜れ〜」というトラップがあちこちに仕掛けられていて時々弱るけれど、身軽な心で、自分がどう生きていくかということだな、大切なことは。よし。
[PR]
by sayacok | 2011-01-23 22:34 | DAY&NIGHT
あけましておめでとうございます >>