幸せというやつを見た。

4月30日に、大学時代の親しい友人の結婚式がありました。
人前式、披露宴から参列させていただき、しかも式では立会人代表も務めさせていただき、新郎新婦にはひたすら感謝です。
披露宴は、二人の「手作り」な雰囲気が感じられるとてもあたたかいもので、本当に居心地がよかったです。幸せってやつを見た気がした 笑。披露宴ラストなんて、涙が止まらなかった。あのなんともいえない感情は不思議なものです。母親の心境でもないし。嬉しさと寂しさに加えて、説明しきれない気持ちがいっぱい混ざったような。しかし思いきり泣いた後、とてもすがすがしい気分になりました。
大学の頃から、お互い認め合って支えあってた二人だったけど、改めてその絆みたいなものを感じました。間違いなく、ステキな夫婦であり続けてくれることでしょう。
しかし、新婦まこっちゃんのきれいだったこと!今ごろ西表島でヤマネコと戯れている頃かな?
今回唯一の悔いは、デジカメのバッテリーを持っていき忘れたこと!デジカメは持っていったのに・・・!ケータイのカメラは壊れるし、肝心な時にマイカメラの無い心もとなさ。おずおずと、友達のカメラにおさまり「増してね!増してね!」と叫ぶしか為すすべなし。
ちなみに結婚式の次の日は大阪の友達の家に泊まりにいきました。それで今日、私、人生で初めて道頓堀に行ったのですが、軽くカルチャーショック。何あの街!何かがおかしいよ!街全体がコンセプトのないテーマパークのよう。しばらく、笑いが止まらないまま道頓堀歩きを楽しみました。
[PR]
by sayacok | 2005-05-03 01:21 | DAY&NIGHT
<< G.W.後半戦は スローなことあれこれ >>