お盆トーク2

今日は送り火。玄関の前で焚き木(? お盆用に売ってる)を燃やして、ご先祖様をお送りするってやつです。毎年やってるけど、私は帰りが遅いので、ここ数年不参加続き。でも今日は早く帰ってこれたので、すっごい久しぶりに送り火やりました。なぜか妙に好きなこの行事。

昔はついでに花火をやったり、木が燃え尽きた後にジョウロで水をかけてジュッと音をたてるのが好きで、その役目を妹と取り合ったり。

それにしても、通りすがりに怪訝そうな顔してジロジロ見ていく人々の多さ。「何見てんのさ!」っていう気になるけど、まあ、怪しいと思うだろうね。迎え火・送り火やってる家も近くじゃあまり見かけないし。

本当はうちは新盆だから、7月13日迎え火、7月15日送り火っていうのが正しいスケジュール。なのに今年は「送り火するの忘れてた!」っていうことで、1か月遅れの送り火でした。ご先祖様、滞在大幅に伸びすぎ。ご先祖思いなのか、適当なのか、なんだかわかりづらい。

京都に住んでた学生時代、お盆の時期に実家に帰れなくてアパートの周りうろうろしてたら、地蔵盆っていうのがやってて、とっても興味深かった。子どもが街の地蔵盆コーナーみたいなところに集合して、お菓子をもらえるとか。ゼミのレポートのテーマにしようかと思ったこともあったっけ。なつかしー。

しかし、もう秋の風です。
[PR]
by sayacok | 2005-08-15 23:22 | DAY&NIGHT
<< 人生初ビアガーデン お盆であります >>