寒さに負けました

12月中は、コートを着ずにジャケットで通す!
そんな決意も今朝の寒空の前にあえなく崩れ去りました。

一番あたたかいコートは、まだサイズに無頓着であった頃買った物で、微妙に肩が合わないのです。ボタンの位置とかを付け替えたりして抵抗を試みるも肩が余ってなんだか微妙…
なんでできるだけ着まいと頑張っていたのですが、もうだめだ、本日をもってコート解禁。
中高時代、指定のコートがあまりにダサくて12月中は絶対コートを着ないで通学してたあの頃と、あまり変わってないなあ、、と。

そしてサイズ…サイズと言えば、昔々アローズでジャストサイズよりひとつ大きめのジップアップブルゾンを買おうとしていた時、店員さんはしきりにジャストサイズの良さを説いていたのですが、「いや、ジャストだと中に着込めないから!」と自分を貫いてワンサイズ大きめを買うと伝えたところ、「あなたはご自分のサイジングをわかってらっしゃらない!」と一喝されたことを思い出す。結局その言葉にさらに態度を硬化させてワンサイズ大きめを買ったのですが、サイズの重要性に気付くとともに、あの店員さんは正しかったと認めるまで、4、5年かかったもんです。(あの店員さんは、今もたまに見かける。忘れもしない)

冬のコートから、様々な思い出が頭を巡るのです。それにしてもさむ~。
[PR]
by sayacok | 2005-12-13 01:46 | DAY&NIGHT
<< あけましておめでとうございます スリリングな経済本 >>