やっこさんて?

c0055740_13455332.jpg友人から折り紙セットをいただきました。なので久しぶりにやってみた。鶴は、折れるか自信がなかったけど、なんとなーく折り始めたらなんとなーく完成した。すごい!手先が覚えているのだ。
それにしても、鶴の折り方いつ覚えたのか、どこで習ったのか。幼稚園?今の小さい子たちはどこで習うのだろう?日本人て大体みんな鶴は折れるのかな。もうそうだとしたらとても素敵なことだなあと思う。外国には鶴が折れるようになってから行くように!とかそんなルールがあったらおもしろいのに。粋だ。
やっこさんは、妹に教えてもらった。やっこさんの袴はおばから、オルガンは母から。みんな何故覚えているの?それにしてもやっこさんって何なのだろうか。聞かれたら英語でなんていえばいいのか?「YAKKO-SAN」とかかな。和英辞典にはやはり載っていなかったけど、広辞苑には載ってましたよ。でもとても説明しづらい内容でした。難しい。武士に付き従う人、みたいな。軽蔑的な意味合いもあるみたい。
折り紙をする機会があるのかどうかわかりませんが・・・
[PR]
by sayacok | 2006-02-16 13:58 | DAY&NIGHT
<< 最近読んでる本は そわそわ >>