コーヒー・クレイジー

最近、コーヒーはもっぱらタリーズへ通っております。

職場の近くには、スタバとタリーズ、それにカフェ・ド・クリエ、コメダなど
コーヒーショップ(コメダは喫茶店か)がしのぎを削っております。

入社したての頃は、なんとなくスタバに行っていたが…
ふと気分を変えてみようとタリーズに行って、アメリカーノを頼んでみた。

そしたら、美味しい!エスプレッソの味がしっかりする。苦くなくて、コクがある。
しかもちゃんと表面にクレマがたっている。
バンクーバーの、BLENZで飲んでたしっかりコクのあるアメリカーノの味に近い!
ドリップコーヒーも、コクがあるし。
名古屋にはあんまりタリーズがないので、これまでしっかり味わう機会がなかったけど、
完全にタリーズの味が好み、ということに最近気づきました。
一口飲むと、日によるけど「美味しいなあ…」って、ちょっと感動して幸せを感じるもんね。

去年カフェで働いていた頃は、秋冬でお客さんが増えて毎日忙しかった。
クリスマスドリンクのエッグノッグラテがやたら人気だったけど、
私にはあまりにも甘すぎて飲めなかったこととか、
仕事が終わった後に、自分用にダークチョコレートに少しホワイトチョコを混ぜて、
エスプレッソを濃いめにして豆乳で作るモカがめちゃめちゃ美味しかったこととかを思い出す。

いえ、別に感傷的になっているわけではないのです。

上で書いたタリーズの、おそらくそのお店のチーフだと思われる人だと、
少しエスプレッソを濃いめにしてください、とかの注文を受け付けてくれるんだけど、
アルバイトの人かな?と思われる人だと、お断りされます。
責任者がいないときに、マニュアルにないことはできないのかな・・・。
常連客なのにさ…。とちょっと残念な気持ち。
これは、スタバに行ってアメリカーノに豆乳を入れてくださいと頼んだときにも感じたこと。
メニューにないオーダーは理解してもらいにくいようで、オーダーするほうとしては、
少しバツが悪い感じ。あんなにカスタマイズを推奨しておきながら!

北米だと、お客さんがはっきりと好みを持っていて、注文の仕方も本当に人それぞれ。
作る側も、当たり前のようにお客さんの要望に応えるし。
お客さんの好みをいち早く覚えて作るのが楽しかったっていう自分の思い出もあるから、
日本のカフェの対応には物足りなさを感じるのですよ。ブツブツ…

それにしても、自分好みのドリンクをまた自分で作ってみたい。
自宅にエスプレッソマシンが欲しい…。
[PR]
by sayacok | 2007-11-25 17:31 | DAY&NIGHT
<< やっぱり踊るトラボルタが観たい さよなら週末 >>