やっぱり踊るトラボルタが観たい

先週、ヘアスプレーって映画観てきました。
トラボルタが女装して踊ってるらしい…という情報だけを胸に。

そしたら…超楽しい映画でした。
トラボルタは、女装しててもトラボルタなんだけど、
こういうオバチャンいるなあ…と、思わせてくれる、かわいいオバチャンぶり。
迫力の歌と踊りで、やっぱみんなトラボルタのダンスを観たいんだよ…と思った。
何年ぶりかに、映画のパンフレットを買いました。

舞台は60年代のアメリカ。ボルティモアっていう街で、
人種差別問題が根強く残っている・・・という背景があって。
ストーリーはシンプルでハッピーエンドなんだけど、
飽きさせないし、笑えるし、キャストもいいし、すごい元気になれるし、
映画ってこういうもんじゃん!って思った。

60年代好きにはたまらんと思います。
「シカゴ」と同じ製作陣だそうです。
私は久しぶりに踊るトラボルタをスクリーンで観ることができて満足でした。
[PR]
by sayacok | 2007-11-25 17:47 | DAY&NIGHT
<< 詣でてきました。 コーヒー・クレイジー >>