美味いものは、よい。

かーたんのご実家神戸から、
お母さんが炊いてくださった「いかなごのくぎ煮」が届きました。
関西の春の風物詩だそうで。
今まで名前しか聞いたことなくて、初めて食べたんだけど、美味しかった!
むほほ、こりゃごはんがススム!と、思わず「美味しんぼ」の京極さんになってしまうほど。
この時期神戸方面で鳴り響いているという「いかなごソング」も是非聴いてみたいものです。

最近美味しいものを食べる機会に恵まれており、幸せをかみしめています。

あっちゃんと一周年記念で行った泉の「フランス食堂アブサン」。
お料理も美味しかったけど、昭和風な個室ですごくくつろげるお店だった。
しかも記念日のことを話したら、漬けたてのリンゴのお酒をビンごとプレゼントしてくれたり、
惜しみないサービスっぷりに感動!

先週は、まこっちゃん、かーたんと有馬温泉へ湯けむりの旅。
宿がかなりステキだった上に、ごはんのなんと美味しいことよ。
白いごはん、お味噌汁、お漬物が、ごちそうに思えたねー。
直前に胃をこわしていたのに、調子に乗ってごはんをおかわり。

昨日は、以前高校時代の友人達と行った、囲炉裏料理のお店、長坂へ。
母の還暦祝いも兼ねて、家族とおば一家と一緒に行ってきました。
品数の多さにびっくりしたけど、両親もおば達もものすごく喜んでくれてよかった!
個室でのんびり食べられるし、囲炉裏で焼いたりするのが楽しいし、良いお店だわ。

高いお金出すより、おうちで好きなものをを作って食べたほうがいいじゃん~と、
どことなくパンクに考えていた私。
美味しいものを、大切な人たちとゆっくり食べに行くっていう行為が、
ステキなことだなと最近しみじみと思うようになりましたね。
あと、そのお店なりの、心遣いを感じるのも良い体験になるなあと思いました。
20代のほとんどは、服飾関係にお金をつぎこんでいた私。
最近お金の使い方が変わってきつつあります。いや、変わらないとやばいんですが。
[PR]
by sayacok | 2008-03-10 23:54 | DAY&NIGHT
<< 春ですから 2008年はこんな風に生きよう >>