うどんの妄想ふくらむ高松2日め

高松2日めは、栗林公園へ。
広い庭園内をのんびり散策。ここには人がたくさんいてちょっとホッとした。
人だらけなのも疲れるけど、いなさ過ぎるのも不安に駆られるという、この複雑な心理。

c0055740_2233507.jpgツツジがたくさん咲いていて、緑がこんもりとしていて、落ち着く栗林公園。池には巨大な鯉がたくさんいます。観光客があげるえさで大きく育ったのでしょう。売店では長細い麩のえさが売っていて、それを長いまま池に投げ入れるお客さんもいました。
鯉もなかなか果敢で、我先にと長いえさに食いついて「バリボリ」という音を立てていました。衝撃。

さて、お昼も過ぎて、そろそろうどんを食べたいところ。
でも、日曜日休みのうどん店が多く、周辺をうろついてみるも、
お休みか、もしくはもう閉店してしまったお店がほとんどっぽい。
高松に来てうどんを食べられないかもしれない、そんな恐怖を感じ始め、
栗林公園の中の売店で、ぶっかけうどんを注文。
美味しいような気がする。
[PR]
by sayacok | 2008-05-06 22:42 | TRAVEL
<< こんぴら参りとうどん欲 初めての高松、意外な静けさ >>