その勇気に拍手

中日新聞朝刊で連載されている取材特集「結いの心」。
これまでは、ホームレスや日雇い労働者など、都会に潜む貧困の姿と、
そういう人たちに手を差し伸べる人々との絆を描いていて、とてもよかったのです。

今は、第3部「トヨタの足元」というシリーズが連載されてます。

売上高連続世界一になったけど、その足元では、
容赦ないコスト削減要請で、数百もある下請け企業が苦しんでいる…

連載第一回めの本文から引用します。
 トヨタ自動車は不思議な会社だ。自動車業界で“世界一”の利益を稼ぎ出すグローバル社会の「勝ち組」でありながら、経営方針は人の“和”を尊ぶ「日本型」の見本とされる。「結いの心」第3部では、トヨタの今昔を舞台に、企業社会の中の「競争」と「結い」のせめぎ合い、そのひずみに目を向けたい。

中日新聞、えらいなあと思います。勇気あると思う。
地元新聞が、地元巨大企業の負の部分を暴くような記事を書いているのだから。
本当に知らなければならないことって
栄光の陰に隠れたこういうことじゃないかなあと思うのです。

名古屋で暮らしていること自体、トヨタの恩恵をどこかで受けているのでしょうけど…

ネットでも読めます。結いのこころ トヨタの足元
[PR]
by sayacok | 2008-05-18 23:01 | DAY&NIGHT
<< 料理がうまくなりたい ダニエルとポール >>