平凡な毎日の中でふと

9月14日も終わろうとしています。

愛知県あたりに住む人はおそらく皆知ってると思われますが、
ここ数週間、「9月13日に地震がくる」とまことしやかに囁かれていました。

何でも、阪神大震災や9.11を予言した人がそう予言してるとのこと。

職場でも結構話題になり、「来るのかねー」とか半信半疑でした。
金曜日の会社の飲み会では「無事だったら週明け会いましょう」とかいう別れの挨拶。
タクシーに乗れば地震の話題をふられる。
都市伝説と化している?

どうなのかねーと思いながら、
12日の夜は、ベッドの足元にスニーカーを置き、
携帯はフル充電、災害伝言ダイヤルの番号をメモリに登録し、
めがねも近くに置いておきました。
数年前に一応まとめておいた、生活用品をつめたバッグは
クローゼットの中(でも中身確認してない…)。

こうやって安心して眠れるのも今夜が最後かもね…なんてしんみりとした気分で、
ベッドに入りました。

ところが無事朝を迎えて13日。

普通に出かけてあっちゃんと会ったら、携帯に何かついている。
聞くと、「家が倒壊して生き埋めになった場合に吹くホイッスル」だと。
数日前、ちゃんと防災準備はしているのかと問い詰めたら、
「死ぬときはどうやっても死ぬもんだ」などと悟ったようなことを言っていた人が…。

驚くことに家には防災グッズの詰まったリュックが用意されていて、
12日は洋服着て眠ったと。完璧すぎる…。
全然勉強してないよ~とか言ってちゃっかり勉強してるいやな学生みたいだ…。
とつい素直に感想を告げてしまいました。

まあ、何事も起こらなかったからこそ笑い話にできるんだけど。
これ書いてるそばから地震が来るかもしれないけど。

でも、こんなに地震のことを、自分の身に起きることとして
具体的に考えさせられたのは初めてだったかも。
そういう意味では良い機会だったような。
12日に眠りにつく前に感じた気持ちも、そうそう湧いてこない感覚でした。

今って普通に外を歩くだけで何かに巻き込まれるかもしれなくて、
どちらかというと、そういうことのほうがリアルに怖い。
行きも帰りも、なんとなく安心できなくて、疑心暗鬼のかたまりです。
でも、そういうことへの予測や予防ってなかなか難しかったりします。
むしろ災害への備えのほうが、自分にできることを具体的にできたりする。
よくわからないものを無闇に恐れるより、よっぽど建設的だなあ、と思ったのでした。

ってことで今更になって、ちゃんと防災の準備をしよう、と思いました。
[PR]
by sayacok | 2008-09-14 23:01 | DAY&NIGHT
<< Wishing you all... ああ京都に住みたい >>