カテゴリ:MUSIC( 19 )

Life is coming back!

オザケンの復活ライブがなんだかとってもいいみたい。
10年ぶりのライブをやるっていう話を聞いたときは、
あまりにも時間が経っていたし、変に躊躇してしまってチケット取らなかった。
だってね〜あまりにも好きで影響を受けたアーティストだったので。

だけど、周りの知人たちが結構行っていて、
一様に大絶賛だし、糸井さんやばななさんも行ったみたいで、
その感想を読むにつけ、ごちゃごちゃ考えず、その場に行くことをすればよかった!と後悔。

高校3年生になる直前の3月、初めてオザケンのライブに行ったけど、
配られたキットの付け鼻つけて踊ったりして、そりゃあ楽しかった。
私の受験ライフは、 LIFEに彩られ、東京に憧れて、
サリンジャーの「ライ麦畑」や三島由紀夫の「美しい星」を
頑張って読んだりして、東京の大学に行くんだ!と思って勉強した。
東京行きは叶わなかったけど、美しい思い出。

もう音楽はやらないのかも、と思っていたので、
戻ってきてくれたことは本当に嬉しいこと。
これからもちゃんと見ていこう!

10年間、世界各国に住んでいろいろなものを見てきたことが、淡々と語られる。
読みごたえかなりありのオフィシャルサイト。
ひふみよ 小沢健二 Official Site
[PR]
by sayacok | 2010-06-12 04:24 | MUSIC

心がふるえます

フレッシュマンたちの姿がまぶしいここ最近。久々にCDを買いました。
くるりのライブアルバム、Philharmonic or die
オーケストラと競演したパシフィコ横浜ライブと、
京都磔磔でのライブの2枚組。
久々に音楽で相当心が震えた!泣けます。

最近あんまり聴かないアルバムの曲も、ものすごいカッコよくしびれる曲になっていた。
「惑星づくり」「WORLD'S END SUPERNOVA」「宿はなし」などなど…。
「春風」「さよなら春の日」「コンチネンタル」「ハイウェイ」何度リピートしたか!
民生っぽい曲もちらほら。「夜行列車と烏瓜」「帰り道」かっこいい。

毎晩寝る前に聴いてるけど、聴き入ってしまって今週は寝不足。
くるり、日本一のバンドだわ~
[PR]
by sayacok | 2008-04-05 00:21 | MUSIC

ハリー!

9月に発売された細野晴臣の新譜FLYING SAUCER 1947をようやく手に入れました。
名義はハリー細野&ザ・ワールド・シャイネス。ハリーだって!
還暦の細野さん、ハリー細野と名乗っていたとは知らなかった。
でも聴いてみると、なるほど、ハリーだわ、と思った。
低音で、ネイティブのように英語でカントリーやブルースを歌いこなしていたのだった。
なんてお洒落なおじさんだろう。
UAとのコラボ「夢見る約束」目当てで買ったけど、なかなか素敵なアルバムです。
[PR]
by sayacok | 2007-10-21 18:01 | MUSIC

伝説のオンパク

最近ライブのことばっかり書いてるなあ。
9月23日は、待ちに待ったオンパクでした。
そう、くるり主催の野外フェス、京都音楽博覧会

c0055740_22363079.jpg23日は、曇り気味。そんなに暑くなさそうだし~これならゆるく楽しめそうだな~と会場に向かって歩いていると、日差しがどんどん強くなってくる。日焼けが・・・。
京都駅から15分くらい歩いたところにある梅小路公園につく頃には、早くも体力に不安・・・。
それでも会場に着いてみると、前のほうも比較的スペースが空いていて、
みんな座っててゆるーい雰囲気。前の会社の子たちと再会を果たし、なごみながら暑さを忘れる。

そんなこんなで、日焼けを気にしながらも、のんびりとフェスを楽しんでいたのだが・・・

お昼ごはんを調達しにいった午後二時過ぎ?第一回めの通り雨が。
豚キムチ丼をゲットするために長蛇の列に並んでいたので、
大雨に打たれながら、30分近く耐え忍ぶ。さ、寒い。
ようやく温かいごはんを手に入れ、おなかを満たしてステージ前に戻る。

ステージでは、ジェイソン・フォークナーが、なんだか楽しそうに歌っていた。

そして、その次は、こっこの登場。
こっこのライブを見たのって初めてだったけど、やっぱりすごいものがありました。
でもすごくリラックスして、楽しそうに歌っていて、
話もおもしろくて、めちゃめちゃ笑いをとっていた。
オンパク前日、川床で夕ご飯を食べていたことが判明。
私たちも床に行っていたので、もしかして先斗町でこっことすれ違っていたのかも・・・。

辺野古へのヘリポート移設について、沖縄に住んでいる人間としての思いを語ってくれたけど、
それは本当に、白でも黒でもなくて、善でも悪でもない、
二元論じゃ割り切れないんだけど、本当に心にしみいる内容だった。
その話だけで涙してしまった。

その後、小田和正の登場。還暦だって!でも素晴らしい歌声。。。
若者の中に混じって、わりと年配のおじさま・おばさま方が、真剣に応援してました。
「長生きしてね」のメッセージボードに、小田和正、ちょっとショックを受けてる様子だった・・・。
小田和正×くるりの「ばらの花」「恋は大騒ぎ」ほんとよかった。
若者たちの心も完全につかんでました。

このあたりから、第二回目のスコールがはじまる。。
小田和正もくるりも雨男らしい。あれは明らかに嵐を呼んでいた・・・。
タラフ・ドゥ・ハイドゥークスが終わるまで30分以上、
本格的な雨に打たれて、寒すぎて、夢と現をさまようことに・・・。

本当に寒いと、何もかもどうでもよくなってくるんですね。

あ~なんか眠いな~どうでもいいや~と思う自分と、
「寝るな~!寝たら死ぬぞ!」と叫ぶもう一人の自分がいました。

ステージでは、タラフがジプシー音楽をものすごく小刻みなリズムで展開している。
寒すぎるのでとにかくそのリズムについていこうと体を動かしつづけた。

タラフが終わり、ステージのセッティングもなんとか終わる。雨も上がり、くるりの登場。

出演者であると同時にオンパク主催者であるくるりは、
観客がオンパクを楽しんでいるかどうかを、すごく気にかけている様子だった。
やはり初めてのイベントで、雨も降ったし、運営上思うようにいかないこともあっただろうし、
どことなくはりつめている様子だった。
でも、雨にも負けず楽しんでいる観客の反応とかを見て、すごく嬉しそうだったし。
「リバー」「宿はなし」を演奏し終わった後の笑顔は、すごく印象に残るものだった。

スポンサー無しのイベントだったらしく、コマーシャリズムがほとんど感じられないイベントで、
お客さんものんびりした人たちが多かったように思う。
環境に配慮した様々な試みもたくさん行われていた。
食器のリユース。あれは、確実にゴミが減らせるなあ、と実感した。

都市の真ん中の公園で、周りには住宅街がある中、音楽を楽しめるこのイベント。
実現するのに、解決しないといけない難問が様々あったらしいです。
それをひとつひとつ乗り超えて、実現したくるりに拍手を贈りたい、と思った。
うまく説明できないけど、何かパワーをもらいました。
[PR]
by sayacok | 2007-09-30 22:52 | MUSIC

Golden Green

他にしなければならないことがあるのに、昨日の余韻が蘇ってきて、
書き留めておかねばと思い、久々にブログを書くことに。

14日はUAのライブ"Golden Green"@クアトロに行ってきました。
UAのライブは今回で4回目?5回目ぐらいになるんだけど、
狭いハコでスタンディングはこれが初めて。

…素晴らしかった。酔いしれました。心がふるえた。何度も涙がにじんだ。

ステージと客席が近いからか、UAも最初からリラックスした様子で、
MCもこれまでになくテンションが高く、すごく楽しそうに歌っていた。

高3のころ、ずっと聴いてた曲も新しいアレンジで聴けたし。
「情熱」「雲がちぎれる時」「水色」「大きな木に甘えて」が聴けて嬉しかったなあ。

演奏も、どうやって合わせるの、そんなリズム!?って思うくらい、
むちゃくちゃハイレベルなんだけど、それをすべて神様みたいにUAの声が司っていた。
なんであんな声が出せるんかな~楽器みたい。歌うために生まれてきたんだな~と思った。

アンコール2回目、着替え途中でまた出てきてくれて、
奄美の島唄をマイクなしで歌ってくれた。歌声が心に残る。
行くたびに新しい喜びや感動をもらっている。

この日UA初体験の彼も「しびれた…涙が止まらん」とコメント。
そうでしょう。そうなんですよ。

ライブ後もあの歌や演奏の響きみたいなものが何度も蘇ってきて、
しばらくぼけーっとしてしまうほど。でもそれはとても心地よい感じで。
不思議な時間だったな~すごく濃くて幸せに満たされるような感覚をライブで味わいました。
今日もずっとUAばかり聴いている。

来週は京都でオンパク!これも相当楽しみです。
[PR]
by sayacok | 2007-09-15 23:42 | MUSIC

ふれあいコンサート

に行ってきました。
「ふれあいコンサート」とは、今年のくるりのツアータイトル。
最初はふざけてるのかな~と思いきや、どうやら本気タイトルのようでした。

くるりファンになって8年?ぐらい経つけれど、
初期ににじみ出ていた焦燥感が薄れていて、なんだか幸せな音楽って感じ。
ホールツアーなので、みんな着席してライブ開始を待つ。
まったりとスタートしたため、前半は立ち上がるタイミングを失ったけれども、
後半はロックロックしていて、おおいに盛り上がる。
岸田さん、また歌うまくなっていたように思った。
歌詞がまっすぐ聴こえてきて、言葉がしみこむようでした。

前回くるりライブに行ったのが一年半前。
音楽の趣味が合いそうだな~と思いながら、恋の予感ゼロで一緒にライブに行った同僚と、
今は付き合っているのだから人生摩訶不思議とはこのことです。

いや~お互いくるり好きでよかった。シゲル(岸田さん)に感謝。
マニアックな話とかしながら、ライブの夜は更けていきましたとさ。
[PR]
by sayacok | 2007-08-16 23:24 | MUSIC

よく見るとリンゴ

UAの新しいアルバムGolden greenを手に入れました。
またしても想像を超えたジャケットのビジュアル…
でもよくよく見るとこれ、リンゴです。
まだ少ししか聴いてないけど、すごく好きになりそうな気がする。

9月のクワトロライブのチケットもゲット済み。クアトロでUAが聴けるなんて~!超楽しみ。
[PR]
by sayacok | 2007-06-24 15:44 | MUSIC

久々にしびれた曲

6/15(金)の僕らの音楽にUAが登場。
樹木希林との対談もよかったけど、細野晴臣とのコラボがサイコウによかった。
「夢見る約束」って曲、久々にしびれました。
オリジナル盤をタワレコで探してみたけど無くて、
アマゾンで調べてみたら初回限定盤にしか収録されてないとのこと・・・
itunesで探すかなあ。
それにしても「僕らの音楽」っていい番組!

* * * * * * * * * * * * * *
7月30日追記

音源はないのかと忘れかけていたら…
mixiのコミュニティで次の情報を発見。やった!

-------------------------------
"空飛ぶ円盤飛来60周年! 記念プロジェクト" 最終章にして細野晴臣最新章となるメモリアル・円盤(アルバム)「FLYING SAUCER 1947」 発売決定!!
・・・・・
スペシャル・エクストラ・トラックとしてUAとのセッションによる「夢見る約束」を収録。
鋭意制作中!嬉しい新曲も収録!!

New Album "FLYING SAUCER 1947"
2007.09.26(wed) Release.
-------------------------------


忘れないようにメモメモ・・・
[PR]
by sayacok | 2007-06-17 15:00 | MUSIC

ヘビロテ

これが最新アルバムだと思っていたら、実はセカンドだったという衝撃的な事実。なぜそんな誤解をしたのか…。RADIOHEADのThe Bendsをようやっと聴いてます。
こう、何かふつふつと湧いてきます。仕事したいー!
[PR]
by sayacok | 2007-04-13 12:49 | MUSIC

ジョニ・ミッチェルいい

ジョニ・ミッチェルにはまって、冬の夜長によく聴いています。Dreamland、というベストっぽいアルバムを買ってみた。歌声が、ジャジーというかブルースぽいていうか、なんて表現していいかわからないけど、いい。穏やかで、落ち着く。もう1、2枚アルバム買って帰るだろうな。
[PR]
by sayacok | 2007-01-05 10:37 | MUSIC