カテゴリ:OKINAWA( 16 )

おおらかなる沖縄の焼き物

食べてばっかりみたいだけど、ちゃんと焼き物も愛でてきました。ふらっと入った焼き物屋さんで、この道一筋なおばちゃんが沖縄の伝統的な焼き物について、いろいろと教えてくれた。
最近の商品は、いわゆる「作家もの」、作家が計算しつくした焼き物が増えているそうだ。例えば水玉だったら、どこに点を描くのか、そのバランスをすべて考えて決めてから描いていく。少しでもそのバランスが崩れたら売り物にならないのだと。確かにそういう作家もののカップとかは、洗練されててモダンな感じがして、アクタスとかで売ってそう。
でも、本来の沖縄の焼き物はそうじゃないんだ、と。同じ水玉なら、計算なく点を描いていって、色のにじみも気にしない。失敗したって、あとは釜の神様がなんとかしてくれるっていう発想だという。細かいことは気にしない、失敗だって全部受け入れて作品にしてしまう豪快さ、おおらかさは、沖縄のひと、もの、こと すべてに通じる精神性だなあと思う。洗練されてる感じはしないけど、でも、なんかいいと思わせる何かがあるように感じた。
私がふと手にとった焼き物が、まさしく「沖縄らしい焼き物」だったらしく「それを、ぜひ、持って帰って使ってさー。そうすればわかるから。わしはそれしか言えん」と言われ、こういうのも出会いだし、買いましたぞ。すごい好き!ともかわいい!とも思わないけど、いやではない。今まで見たことない感じがして、興味が湧く器。自分の好みとか、ものを見る感覚なんて、ほんとに狭いし固定されてるんだなと思う。いい買い物をしました。
※写真はイメージです。
c0055740_2302473.jpg

[PR]
by sayacok | 2005-04-03 02:32 | OKINAWA

すてきカフェ その2

今度のカフェはとても素朴で、ご近所の子どもが気軽に遊びに来れるような感じ。いいねえいいねえ。「ちんぴん」という名の黒糖クレープと、コーヒーをいただく。ちんぴんが、あつあつで、カリカリで、超おいしかった!三線がどこからともなく聴こえてきて、心和むひとときでした。しかし食べてばっかり・・・。
c0055740_27995.jpg

[PR]
by sayacok | 2005-04-03 02:07 | OKINAWA

カフェをはしご

こんな細道を歩いていくと、またもすてきカフェを発見して、性懲りもなく入ってしまう。
c0055740_22220.jpg

[PR]
by sayacok | 2005-04-03 02:02 | OKINAWA

すてきカフェ その1

メインの通りから外れてこみちを行くと、素敵なカフェを発見。自分で見つけると嬉しい。人も少なくて、風通しがよくて、アジアンテイストにまとめられてるインテリアもステキで、でも堅苦しくなくてとにかくよかった。「わかば」の主人公似のエキゾチックな美人さんがお店をやってました。少し小高いところにあるこのカフェからは、焼き物を焼く「釜」が見えるのです。
c0055740_1572359.jpg

[PR]
by sayacok | 2005-04-03 01:58 | OKINAWA

カラフルシーサー

国際通りをずっと奥に入っていくと、閑静な焼き物の街、「やむちん通り」に出る。石畳の通りが1キロぐらいあって、その通り沿いに焼き物屋さんがぽつぽつと立ち並ぶ。ひとつひとつのお店が、控えめながらもかわいらしくて、気に向くままにうろうろしてみる。色とりどりのシーサーが並んでいます。キュート!
c0055740_1443124.jpg

[PR]
by sayacok | 2005-04-03 01:45 | OKINAWA

アイム ア ストレンジャー

結局3日間とも、商店街と市場に来た。知らない人がいっぱいいるところに、ぽつんと一人でいるのが割と好き。自分の輪郭が溶けていくような感覚が心地よいのだ。アイム ア ストレンジャー。
市場を見に行って、お惣菜屋さんで試食をした。お惣菜屋さんの「おばあ」が、島らっきょうの漬物やキムチ、ミミガーの和え物を手のひらにてんこ盛りにしてくれるのだ。「これも一緒に食べると美味しいさー」とか言いながら。島らっきょうの漬物は、疲労気味の胃を覚醒させてくれた。
どこから来たの?という問いに、愛知県、と答えると、「福岡じゃなくて安心したさー」と言ってくれた。ちょうど、福岡県で地震が起きたところだった。来てくれたお客さんはみんな知り合いだから、福岡の人もいるからすごく心配だ、と。こういう器の大きな人って、どういう経験をしてどんなことを考えて生きてきたんだろう、と思う。すごく印象的な出来事。
c0055740_1323297.jpg

[PR]
by sayacok | 2005-04-03 01:33 | OKINAWA

3日目 朝ごはん

ホテルのバイキングで、朝ごはん。旅先では、現地のものを味わいたい。とはいえ、やや食べ過ぎてたと思われます。
c0055740_110137.jpg

[PR]
by sayacok | 2005-04-03 01:10 | OKINAWA

ガイドブックに頼りすぎな自分に気付く

再び首里に来て、てくてくと目的のお店を目指して歩け歩け大会。写真は、竜たん池というところ。池の向こうに首里城があるのです。目指したのは、沖縄名物「ぶくぶく茶」を飲ませてくれるガイドブックに載ってたカフェ。ぶくぶく茶というのは、ジャスミン茶や玄米茶など好みのお茶の上に、中国茶と白米を炒った汁?(だったかな)を泡立てたものが、もりっと盛ってあるお茶。泡には味がないけど、黒糖とピーナッツの砕いたものをかけて泡を食べるように飲むのです。飲めて、満足。だけど、ちょっとガイドブックに頼りすぎてる自分に気付いて、反省したりの沖縄2日目。
c0055740_23132752.jpg

[PR]
by sayacok | 2005-04-02 23:13 | OKINAWA

レールは続くよどこまでも

ゆいレールに、毎日乗りっぱなし!お気に入りの乗り物となりました。毎日一日乗車券買ってた。一番前と後ろに、電車の進行方向側(とその反対側)を向いて座れる席があって、この日は運良く座れた。子どもと競ってまで・・・  登ったり下ったり、結構楽しい。ゆいレールに乗りながら、街並みを見ているだけですごい楽しめる自分は安上がりだなあと思ったりする。
c0055740_2304426.jpg

[PR]
by sayacok | 2005-04-02 23:03 | OKINAWA

ゴーヤ!ゴーヤ!ゴーヤ!

この日のお昼ごはん。ゴーヤチャンプルーとミミガー(ゆでた豚の耳の和え物)と古代米とシークワーサージュース。これがすごく美味しかった!ゴーヤチャンプルーは焼き付けるように炒めてあって、醤油のこげた香りがとてもこうばしい。友達にぜひ食せられよ、と言われて恐る恐る食べたミミガーもさっぱりしてて◎。ていうか全部おいしかった。!
c0055740_22521086.jpg

[PR]
by sayacok | 2005-04-02 22:52 | OKINAWA