<   2005年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2005年7月24日京都そぞろ歩き

結婚式三次会まで盛り上がり、ホテルに帰ってさて寝よう、という頃にはもう夜が明けておりました。大丈夫か27歳。負けるな27歳。3時間ほど眠って、レム睡眠時に(ノンレムだっけ?どちらかわからず)どうやらスムーズに目覚められた模様。朝食バイキングを思い切り堪能。(レストランの方にもうそろそろ・・・と言われるまで粘っていた)いざゆかん、京都あるき!

●本能寺へ
寺に行きたい!というなみへい氏の強い要望により本能寺へ。4年住んでたけど未踏の地でした。焼失したという本堂は再建されたもので、柱の古さと、塗りなおした壁の白さがなんだかアンバランス。信長のお墓にお参りをしました。写真撮り忘れました。

●中華がゆを食べる
c0055740_23154117.jpg三条京阪土下座像横にできたスポットに、おかゆ専門店がありました。干し貝柱かふわふわ卵か、具の選択に皆悩みに悩む。鶏とえびのあんかけ粥を食べる。かなり美味しい!他にもIDEEを見たりお香屋さんを見たり。みんな何かしら雑貨を買い求める。


●宇治氷を食べる
c0055740_232137100.jpg食いしん坊女子たちの集まりなので、とにかく食の充実に走る。姐さんに教えてもらったカキ氷のお店が長蛇の列だったので涙をのみ、気を取り直して先斗町にある茶房「長竹」へ。ここはお茶屋さんで、抹茶あんまんが有名。お茶を使った甘味や軽食が美味しいです。宇治氷に白玉と小豆アイスクリームをトッピング!幸せ!


●四条通り
c0055740_23244440.jpg四条通は、白いハッピ姿の男性陣に埋め尽くされています。祇園祭の続きなのだとか。馬がいましたよ。お囃子が聞こえてきて情緒たっぷり。鴨川両岸の木の感じとか、やっぱり京都はいいな。新しくなった藤井大丸を見たりINOBUNを見たり。藤井大丸7Fはリニューアルされてもやっぱりダイエーみたいだったり。短い時間だったけど、本当に満喫!夏の思い出。すばらしい休日。
[PR]
by sayacok | 2005-07-24 23:36 | TRAVEL

2005年7月23日

2005年7月23日は、本当に素晴らしい一日でした。

アーチェリー部の友人二人の結婚式で、京都へ。
連日の暑さが嘘のようにひいてとても過ごしやすい。

挙式も披露宴も、素晴らしすぎでした。あー、、もう言葉が見つからない。
毎回結婚式に出席するたびに心が洗われますが、今回は二次会の幹事をやらせていただいたので、いつもとは違った感慨がありました。新郎新婦や参加者の皆様に喜んでもらえたこと、幹事メンバー4名で頑張ったという素晴らしい思い出が作れたことなどなど含め、こんな機会を与えてもらえたことをただ感謝です。本当にチャレンジャーだったよ森家の人々!
帰りの新幹線で一緒に幹事をやったよこちゃんとも話していたのだけど、二人からはいつも与えてもらってばっかりだなあと。こんな素晴らしい日は人生の中でもそうないよ。本当にありがとう、そしておめでとう~!今後ともどうぞよろしく。

しかし、ここのところのライフワークと化していた二次会準備。しばらく気が抜けてしまいそうです☆
[PR]
by sayacok | 2005-07-24 23:01 | DAY&NIGHT

本当にしたい格好をするんだ

c0055740_152043.jpg久々に買ったさファッション誌、ELLE。だってもう、「夏のおしゃれ白書」がかわいすぎて。P.168のヴァレンタインさん、あなたのおしゃれっぷりに、私580円出したようなもんです。
外人さんて、なんでこう、個性的でおしゃれなんだろうか。街頭スナップも、日本人とは明らかに異なる自由な着こなしっぷり。まあでも外人・日本人関係ないですが、おしゃれな人って、ブランドバッグ持ってても浮いてなくて、完全にその人の一部と化してるんだよね。服は安っぽいのにかばんや時計だけブランド物って人が多いけど、そういうんじゃなくて全体的にバランスがとれていて、その人がちゃんとトータルコントロールしているというか。うん、そういうのがいい。

ちなみに私の妹はモデル体型で肉付きがほどよくて、多少露出してもエロくならない羨ましいスタイルの持ち主。洋服屋さんで働いていて、彼女のファッションチェックの容赦の無さはピーコの比ではない。
その妹がため息をつきつつよく言うには、「日本だとちょっとはみ出した格好をすると奇異な目で見られる。本当にしたい格好をしたら、この国じゃお縄だよ・・・」お縄って。本当にしたい格好ってどんなんだ。。
[PR]
by sayacok | 2005-07-15 02:06 | BOOKS

今さら音楽バトン

mixiから音楽バトンがまわってきたので、まこっちゃんから引き継ぐ形で、今さらながらちょこっと書いてみようと思います。

■今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
会社のマックにアルバム20枚ぐらい。容量調べたことないです。

■今聴いている曲
聴いてないです。ここ台所だから。

■最後に買ったCD
レイ・ハラカミの「lust」。
エレクトロニカだけどこれは無機質じゃなくて好き。

■よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
思い入れというか、ただ好きなだけの曲です。

・「LIFE」(←アルバムだけど) 小沢健二
いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて生きるのさ♪
人生ベストワン。これしかないですな。あ、「夜と日時計」も大好きです。

・「スカートの砂」UA
叱られたらまた別の道一緒に探そうよ♪
この曲最高。この世界観大好き。この曲の世界に住みたい。

・「傘がない」井上揚水
君の家に行かなくちゃ それはいいことだろう?
大切なことはいつもシンプル。UAのカバーでこの曲を知りました。会社の忘年会でカラオケで歌ったらドン引きされたっけ・・・

・「夢のヒヨコ」矢野顕子
ピヨピヨピピピ ヒヨコがぴょん♪
ポンキッキーズでオザケンが歌っていた。作詞は糸井重里氏。かわいい曲。

・「星のラブレター」ブーム
愛してます 好きにしてよ 君に会いにいくよ♪
大学4年の時に行った夏の野外ライブ、よかったなあ。中央線もいい。


思い入れのある曲となると、やはり邦楽で詩が好きなもの。特に上位3曲が不動です。あんまり昔から変わらないかも・・・。4曲目以降は、これじゃなきゃってことでもないけど、たまたま思いついたので。

ではおやすみなさい~
[PR]
by sayacok | 2005-07-04 00:39 | MUSIC