<   2006年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

近頃

帰国日を、2007年の2月に変更しました。
ビザの有効期間中まるまるバンクーバーにいる予定です。
最初は3~4ヵ月のんびりしてこようと思っただけだったのに。自分でも予想外の展開だけど、思った以上に暮しやすいということと、英語をもっと話せるようになりたいという気持ちが強いので、滞在を延ばすことにしましたよ。

BLENZの仕事、楽しんでやっております。常連さんが多いから、お客さんの好みも覚えてきたし。覚えて「○○ですよね?」って言うととても嬉しそうに笑ってくれる人もいるので、こっちも嬉しくなる。それにしてもこっちの人って、みんな自分の好きな味をしっかり持っていて本当に驚く。例えばカプチーノでも、「エスプレッソにブラウンシュガーを最初に溶かして、めちゃめちゃドライカプチーノ(ミルクのフォームだけ)にして」とか、「カフェラテのミルクを脂肪分2%ミルクとクリームをハーフ&ハーフにして」とか…
脂肪分や砂糖を気にする人が多いので、ノンファットミルクと脂肪分2%ミルクが選べるし、砂糖もブラウンシュガーにグラニュー糖、あとノンカロリーの甘味料など4種類ぐらいある!ローファットマフィンなんてのもあるし。抹茶やグリーンティ、豆乳などヘルシーだと言われているものがとても人気。お客さんともすこしずつ話せるようになってきて、今日はお寿司を食べに連れていってもらいますよ。

今のオーナー、4年前にユーゴスラヴィアから移民してきたと聞いていたので、BLENZもその頃始めたんだろうな~って思ってたらなんとお店を買ったのは去年の9月!まだ一年もたってなかったってことにものすごく驚いた。お客さんの好みをすごくよく覚えているし、仲良いし、とても一年たってないとは思えなかった!でも何かこう、常に頑張ってる感じがして、私は大好きです。オーナーの頑張りと家庭的であたたかい人柄がきっと功を奏したんだと思うけど、オーナーがお店を買ってから売り上げがかなりあがったのだとか。
BLENZってお店によってかなり雰囲気が違うのだけど、うちはとても家庭的な感じ。一日に三回ぐらいきて話して帰っていくお客さんもいる。となりのお寿司屋さんのオーナーは日本人で、コーヒーをあげる代わりにミソスープをもらう、という昔ながらのご近所付き合いを繰り広げています。「ミソスープが欲しけりゃいつでも言ってくれ(英語)」と頼もしい言葉をくれました。

もう8年勤めてて以前のオーナーのことも知っているベテラン同僚さんは、毎朝お店を5時半にオープンして朝9時まで働いて、帰っていく。お客さんともファーストネームで呼び合う仲で、「毎朝いつも同じ場所にいてくれる気のいいおかみさん」的存在。8年同じお店で働いて…オーナーが変わっても変わらず自分の仕事をこなして、オーナーともお互い信頼しあってる感じで。ほんと私はこの人たちが好きですよ。

その「気のいいおかみさん」が私ともう一人のスタッフをディナーに招いてくれました。広いおうちと広いバルコニー!でバーベキューしてお庭のテーブルで食事。20歳前後の息子たちは息を呑むほどのハンサムたち。そして3歳の男の子がまた相当かわいいのである。旦那様も優しそうだし!一度離婚していて、そのあと今の旦那様(かつてのルームメイト!)と再婚したそうで、年の差12歳!びっくりである。世の中ってひろかったんだなあ・・・としみじみした。

あ~なんだか書きたいことはいっぱいあるのだけどまとまらない。
そうそう7月1日はカナダデイ(建国記念日)で、3日までの長いお休みがあるのです。
あちこちでお祭りがあるみたいで、私は南の方のスティーブストンっていう漁師の街のサーモンフェスティバルに行く予定です。
[PR]
by sayacok | 2006-06-30 04:11 | DAY&NIGHT