<   2006年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

そしてシンクロ

Down-to-earth の投稿した直後、こんなページを見つけちゃった!すごいシンクロだ~
Gabaの回し者じゃないよ。
→Gabaマンツーマン英会話 今週の気になるワード
[PR]
by sayacok | 2006-08-31 08:34 | DAY&NIGHT

Down-to-earth

ああ、八月が終わってゆく。
バンクーバーにきて半年が過ぎました。

この半年は、英語環境に慣れることはもちろん、これまで大事にしたかったけど疎かにしていたことをちゃんとやる、など自分の中だけの小さな目標?というかやり方で生きていけるよう、結構頑張ってたなあ、としみじみ。

振り返ってみると、自分は本当に恵まれていたと思う。ホームステイ先も、アパートも、仕事先も、何のトラブルもなく、危険な目に遭うこともなく、むしろ楽しんでこれまでやってこれた。友人にも恵まれたと思う。
移民の国だから、アジア人が多いから、と言ってもここは明らかに外国、私は何の地盤も持っていない外国人だ。
いろいろな幸運を、当たり前だと思ってはいけない。そして、カナダ行きを最終的には応援してくれた家族や、メールやブログで支えてくれる日本の友人にも、ほんとに感謝、感謝。残りの半年も、謙虚にいろんなことに感謝しつつ過ごしたいと改めて思う今日この頃。

***
話はかわって。
英語で、いいなあと思う言葉があるのです。それは、

down-to-earth

辞書によると、現実的な、実際的な、気取らない とかいう意味で、リアリスティックと同じ意味とも言えるけど、より温かみが感じられてよいなあと思う。earthを使うところがイイ。
She is down-to-earth.
とか言います。

あの人は地に足がついている、分別がある、落ち着いている、とか堅実な仕事についている、などポジティブな意味あいで使われることが多い、と思う。(私が見聞きした範囲では)

英語圏すべてで普通に使われる言葉なのかは不明だけど、
自然がいっぱいで、温和な人々が多いバンクーバーにとても似合う言葉だなあと、印象に残った。

自分以上のものになろうとして大地から足を離してしまわずに、
自分にできることを一歩一歩踏みしめてやっていく。

そんなイメージがふくらむ言葉で、最近よく頭に思い浮かぶ言葉です。
いいなあ、down-to-earth.
そうありたいものです。
[PR]
by sayacok | 2006-08-31 08:27 | DAY&NIGHT

宴のあと

バカンス終了。
おばも妹も友人も日本に帰って行った・・・

この三週間、ずーっと人といたのでみんなが帰ったあとの寂しさときたら。
昨日つうが朝早くタクシーで空港に向かったあと、昼まで爆睡。
ちょっと起きて、簡単に何か食べてまた倒れこみ爆睡。
夕食を食べまたひとねむり。すっごいいい天気だったのに、一日中寝てました。
信じられない!こんなに寝たのは久しぶり。

ルームメイトは学校に行っているので、昨日はほんとに部屋にひとり「ぽつーん」という感じ。大きな旅も終わって、夏も終わってゆく・・・
洋服屋さんのショーウィンドウも秋冬に変わって、しんみり・・・
「ショーウィンドウが秋冬ものに変わると悲しくなる」と友達に言ってみたが、わかんないそうだ。

とにかく楽しい三週間でした。
友人と家族ありがとー!

友人のブログに素敵な写真がいっぱいあるので、見てみてくださーい。
Zou to Ringo
[PR]
by sayacok | 2006-08-18 09:13 | DAY&NIGHT

バカンスつづき

つづき。

浴衣着て花火大会も行ったし。シェークスピアの野外劇も見に行ったし。
ビクトリアに行って素晴らしいブッチャート・ガーデンを堪能して、アフタヌーンティもしたし。

昨日はウィスラーまで足をのばして、乗馬とラフティングをしてきた!

乗馬は、馬に乗るときうまく乗れなくて大騒ぎしたり、自分の馬だけ列をはずれてどっか行こうとしたりするんかな・・・といろいろネガティブなこと考えてたけど、意外とすんなり乗れて、馬もおりこうで列を乱すこともなく、山道を歩いて川をわたって、湖のほとりを通って、、、と1時間のコースを満喫してきました。ものすごく天気がよくて、湖がきれいなグリーンで、(名前はそのままグリーンレイク)気持ちよかったー。乗馬にちょっと興味がわいた。

ラフティグは、1時間かけて湖から川をくだるんだけど、岩がいっぱいで時々流れが急になるくらいで、ほとんどは緩やかな流れで初心者には嬉しいコース。落ちたらどうしよう・・・と不安でいっぱいだったけど楽しめた。インストラクターを務める人々はさすがプロでテンション高く盛り上げてくれました。

それにしても・・・ いつも使ってない筋肉を相当酷使したのに、まだ筋肉痛がこない・・・
ということは、、明日か・・・?年なのか・・・


あさってにはおばと妹が来加。ナイアガラフォールズに行ってきまーす!
[PR]
by sayacok | 2006-08-09 06:16 | DAY&NIGHT

バカンスのシーズン

大量の日本のお菓子や食べ物、ゆかたセット三着を携えて友人つうがやってきた。
トランクの半分はおみやげ!ありがたーい!久しぶりに梅干食べられておいしかったー。

いろいろ行ってきました。まずはソルトスプリングアイランド。
最近にわかに注目をあびはじめてる、バンクーバーの西側にある小さな島。アーティストやヒッピーがたくさん住んでて、のんびりしてて、食べ物もオーガニックで、、、と女性誌がとびつきそうなイメージの島なんだけど、島中にフルーツがなってて(プラムとか、ブラックベリーとか、ローズヒップとか)、ファームやギャラリーがぽつぽつとあって、あったかくて(たまに暑いけど)、人々もほんとにのんびりしてて・・・。ああよかった。

泊まったB&Bのオーナーさんが庭になってるイエロープラムの実を「これ甘いよー」といいながらくれて。その場で食べて。そんなことに感動。お部屋においてあるジンジャーショートブレッドや穀物いっぱい入ったベーグルもどうやら手作り?らしくおいしかったし、オーガニックコーヒーも「余計な味がしない」って感じで、すがすがしい味。ピュアというのかな。

つうは植物や動物全般大好きな人なので、終始テンションが高く、ファームにいる牛に草をあげまくって(私はそのシーンを大量に激写)、道に生えてるフルーツをかたっぱしから食べ続けるのだった。ブラックベリーおいしかったけど、小さな虫が時々でてくることに私は及び腰。まだまだですな。

おお、時間がなくなってしまった。また書きます!
[PR]
by sayacok | 2006-08-09 04:38 | TRAVEL