<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

感謝祭2006

カナダのサンクスギビングデイ(日本でいう勤労感謝の日。由来は違うけど)は10月第2月曜日。この日は特別なディナーを作って食べて、家族で過ごす日。フィリピーノ・カナディアンのブレンズの先輩が、ディナーに招待してくれました。

焼きあがった七面鳥!この中にパンや玉ねぎ、スパイスなどがぎっしり詰まっているそうな。c0055740_5461222.jpgc0055740_5462374.jpg
七面鳥の中から、詰め物(スタッフィングと呼ぶ)を取り出す。スタッフィングとお肉は別々に食べるそうな。知らなかった。そして七面鳥も食べやすいサイズに解体。右はグレービーソース(牛肉の肉汁と小麦粉のソース)をあたためているところ。c0055740_5463466.jpgc0055740_5464536.jpg
テーブルセッティングがかわいくて。一人一人のお皿にお庭にあるイチジクの木の葉と、ネームタグが!カボチャやクランベリーが飾られていてかわいいす。c0055740_5474851.jpgc0055740_548393.jpg
食べやすいサイズになった七面鳥、スタッフィング、グレービーソース、クランベリーソース、マッシュポテト、ブロッコリーにニンジン、白いごはんも!これらをビュッフェみたいに好きなだけお皿に取って、着席。c0055740_5484079.jpgc0055740_5484836.jpg
想像以上においしかった。おかわりしたら苦しくて死にそうに。さらにデザートが!手作りのアップルブラックベリーパイにメープルナッツアイス!幸せ。c0055740_549094.jpgc0055740_5491172.jpg


ブレンズの先輩は、毎年家族のない人を招待しているのだそうです。この時期にホームステイでもしてない限り、家族で祝われるような文化に触れられることってないから、その席に加わらせてもらえたことを本当に感謝感謝。
[PR]
by sayacok | 2006-10-12 06:08 | DAY&NIGHT

アイスホッケー観戦

c0055740_5334636.jpgc0055740_534914.jpg

アイスホッケー観て来ました。日本の野球みたいな感じで、カナダの人達はアイスホッケーが大好き。バンクーバーのメジャーチーム・カナックスの試合は高くてなかなか・・・なので、マイナーチーム・ジャイアンツの試合へ。17歳~21歳ぐらいの若々しい者たちのチームである。
リンクの周りの壁にバンバン激突して、すぐに乱闘が始まる・・・そして観客大喜び。想像以上のものすごさに圧倒される。格闘技みたい・・・。
左上のクマは、ついこの間まで街のあちこちにたっていたアートベア。全部で約100体あって、ダースベイダーとかスーパーマンとかいろんなデザインがあったのだけど、昨日オークションにかけられたそうな・・・ 写真撮りわすれた・・・。
[PR]
by sayacok | 2006-10-12 05:35 | DAY&NIGHT

ゆれる~SWAY~

バンクーバーインターナショナルフィルムフェスティバルってのが今やってて、日本映画も何本かやってます。
「花よりもなほ」「ゆれる」「四十六億年の恋」などなど…
その中でオダギリジョーの出てる「ゆれる」見てきました。

久々に、見終わった後も2、3日ほど、「あの時のあの言葉の意味は・・・表情は・・・あれ、もしかしたらこういう意味?」とかなんとか、ものすごい考えさせられてしまう映画だった。
最近そんな映画になかなか出会えてないけど、これはいい映画だったなと思う。
ラストもよかった。
前半はオダギリジョーのプロモーションビデオか?というほど彼がやたらカッコイイ映像だったんだけど、ぐいぐいと物語にひきこまれていきました。

香川照之がすごかったなあ。この人なしではこの映画成立してないな。

日本人のオダジョーファンらしき女の子たちもいっぱいいたけど、日本映画に興味のあるこちらの人々もたくさん観にきていて、場内は満員。上映終了後、拍手がわきおこってました。

そしてしみじみと、オダギリジョーは世界的にみてもカッコイイ人なんだろうなあ、と思った。


>追記
この映画、好きだな~って感じでもなく、共感できるところも少ないんだけど、家族だからこそ投げつけることができてしまう鋭い言葉、それによって左右されてしまう人の記憶のあやふやさとか… 人間ってきれいなところもあれば汚いところもあるよね・・・って深く考えさせられてしまった。
[PR]
by sayacok | 2006-10-09 10:16 | DAY&NIGHT