<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夏の思い出2007

2007年も半分以上過ぎてしまったなあ…

半年とちょっと前まではカナダにいたなんて。
感覚としては遠いものになってしまったけれど、
ふとした時に楽しかった日々を思い出したりする。
なんたって夏が最高にきれいだったからねえ…。

つい最近、私のバンクーバーでの暮らしの中心であり大好きな場所であった
BLENZ Coffee shopが、今年いっぱいで終了するという連絡が入った。
ライバルチェーンのカフェに変わるとか。大人の事情…
いつでもあのカフェに行けば大好きなオーナーに会えるもんだと
思い込んでいた自分・・・。そんなわけなかった。
いつまでも同じではいられないってことを久々に痛感しましたね。

オーナーは今はそのショックからも立ち直って、
新しい資格をとるべく学校に通うのだと。
人生はいつでも挑戦なのよ~と力強いメールをもらって、
私も落ち込んでちゃいかんなあ、と。

同じくバンクーバーで出会った、
日本大好きカナダ永住権を持つ韓国人の友達とは、久々に連絡がとれた。
今日本にいて、名古屋にも来るかもしれないと。
まだどうなるかはわからないけれど、会えるのだとしたらほんとに嬉しい。

8月は、バンクーバーで出会った日本人の友達とも東京で再会予定。

今普通に会えていても、いつ会えなくなるかわからない。
会える時に会いたいし、悔いなく楽しい時間を過ごしたいとしみじみ思う今日この頃。

先週末は長良川の花火を見にいきました。
日本の花火は最高です。

さて、美しい夏の思い出を今年もたくさん作りたい。
[PR]
by sayacok | 2007-07-30 22:34 | DAY&NIGHT

High and Dry

よしもとばななのHigh and Dry(はつ恋)を読みました。

29歳の絵画教室の先生に、14歳の少女が恋をする模様を描くストーリー。
年齢設定的にも正直「おもしろいかな~共感できるかな~」と思いながら
手にとってみた。

ところが読み始めたらどんどんその世界に引き込まれて、この週末で読了。
そうだった、よしもとばななさんの世界観とはこういうものだった。
それで自分はそれがとても好きなことをまた改めて実感。
自分の中にもう何度目かのよしもとばななブームが訪れたのを感じ、
アマゾンで2冊注文してしまったのでした。

挿絵も相当かわいいし、童話っぽい感じだけど、
家族とのつながりがしっかり書いてあるところが、好きなところ。
ものすごく大切なことが書いてある気がするけれど、
それを簡単な言葉を使って今までにない表現でばしっと書いてあるのがすごいと思う。
[PR]
by sayacok | 2007-07-22 22:58 | BOOKS

ぶらり高山

c0055740_16255540.jpg高山市内を流れる川。名前なんだっけか…。コイが泳いでいました。水が透明で流れも穏やか。嵐の前の静けさ…。

c0055740_16271713.jpg古い町並みにて。どのお店も店先のしつらえがステキである。朝顔の葉が伸びざかり。

c0055740_16291742.jpg「かつて」という名前のカフェ。昭和な雰囲気漂ってます。格子戸越しに傘をさした人々が行き交っていく眺めに風情がたっぷり。小学生たちは、カフェには何の興味も示さず素通り。それでよし、それでよし。

c0055740_16472429.jpgかつて珈琲。おいしゅうございました。
[PR]
by sayacok | 2007-07-15 16:48 | TRAVEL

ゆるまる時間

最近、本当にめまぐるしく日々が過ぎていきます。
もう7月も半ばなのかー。
この間は、既に6月に入ってだいぶたっていたのに、何度も5月だと勘違いしたし。
そんな毎日でも、7月から連載スタートした中日新聞の「ちびまる子ちゃん」を
毎朝ひそかに楽しみに読んでいます。

仕事を始めて1ヶ月半経って、
残業も増えてきて、日本での普通の社会人としての暮らしに慣れつつあります。
朝ちゃんと起きて会社行って働いて夜早めに寝てまた出かける…
というサイクルに慣れるまでは少ししんどかったみたい。
お客さんに書くメールも、勘が戻らず最初は時間かかっていた。

改めて世の中の社会人って、頑張ってるんだなあとしみじみしました。

今週末(金・土)は、迫る台風に怯えながら、高山に行ってきました。
高山は2.3度行ったことあるけれど、
古い街並みは何度歩いてもいいなあ。
金曜日は雨も降らず、人も少なく涼しくてかなりのんびりできました。

その日の夜は旅館で「魔女の宅急便」をごろごろしながら見る。
私、魔女の宅急便を見たの、生まれて初めてです。
というと「信じられない!」と言われそうだけど、なぜか見る機会がなかった。

キキは思春期の女の子らしく、意地っ張りな面とかがちゃんとあって、
浮き沈みの激しいところも共感できてかわいいなあと思った。
ヨーロッパのような街の風景とか、ニシンのパイとか、いいですね。
でもそんな風景の中、パン屋のおかみさんの名前が「おソノ」さんというのには、
どうなのかと、突っ込まずにはいられなかった。

ユーミンの「やさしさに包まれたなら」って、魔女宅だったんだなあ。
それも知らなかった。でもすごい合ってる。

土曜日は朝から雨。
雨足が強まるばかりなので、予定より早めに帰ることに。
夜8時には高山線がストップしていたらしいので、
早めに帰ってよかったねえ、ということに。

忙しい毎日の中で、ふっと心をゆるめられる時間があるってことに幸せをかみしめています。

金曜日がお休みだった分、明日は出勤。
今日一日のんびりして、明日からまた頑張ろうっと。
[PR]
by sayacok | 2007-07-15 14:45 | DAY&NIGHT