ていねいなお仕事

暑くなってきました。

昨日はちょっと遠出して、可児市にある四角家カフェ リトルムッシュさんへ。
彼氏さんがこちらのサイトを制作させてもらった縁で、お邪魔してきました。
岐阜県可児市・・・初めて足を踏み入れたその土地は正直遠かったけれど、
来てよかった!と心から思える素敵なカフェ。
c0055740_23542070.jpg

昭和30年代から残る趣のある建物を自分たちの手で改装。
広々とした菜園や花壇には青々とした野菜やお花たち…。
c0055740_23505813.jpg

若いご夫婦が心をこめてつくっているお料理は、
菜園でできたとれたてのお野菜がメイン。
素材の味がしっかりして、優しい、丁寧な味がしました。
c0055740_23553045.jpg


終始店内をきょろきょろして、写真を撮りまくってしまう。
c0055740_23565225.jpg
c0055740_23575836.jpg
c0055740_23581863.jpg
c0055740_23585258.jpg


また来ます。確実に。

オーナーご夫婦の人柄が素晴らしかったな~。
ご近所の方や近くを遊びまわる子どもたちなど、通りすがる人みんなに
「こんにちわ!」と挨拶されている姿が気持ちよかったし、こういう当たり前だけどおろそかにしがちなことを、日々丁寧に積み重ねることが大切なんだな~。
なんだかいろんなことを教わりましたです。頑張ってほしい!
[PR]
# by sayacok | 2009-05-11 00:06 | DAY&NIGHT

せっせと本棚づくり

読んだ本の覚書をしておきたくて、Booklogに登録してみました。
マイ本棚
最近読んだ&読み途中の本をばっとあげてみた。
本読みには楽しいこの作業。エキサイトにはブログパーツつけられないのね…。
積ん読状態で、読みかけなのに他の本に手を出したり、机の上が片付かない~。
だって面白そうな本がいっぱいなんだもんね。
お友達がブクログのサービスを教えてくれました~
[PR]
# by sayacok | 2009-03-15 21:18 | BOOKS

木曜の夜、午後10時

今日のありふれた奇跡も相当よかった。
登場人物たちがますます生き生きとしてきて、
会話が本当におもしろくて、気づいたら顔が笑っている。
木曜日の夜はなんだかあったかい気持ちに包まれます。
[PR]
# by sayacok | 2009-02-12 23:12 | DAY&NIGHT

チェ★チェ★チェ★

チェ二部作を観てきました。
「チェ 28歳の革命」と「チェ 39歳別れの手紙」。

本当に…素晴らしかったです。
チェ・ゲバラを演じたベニチオ・デル・トロに惚れ惚れ。
ソダーバーグ監督の骨太な映画を観れたのも嬉しかった。
なんか、「トラフィック」以来、という感じ。

「チェ 28歳の革命」は、ゲバラがカストロと出会ってキューバ革命で勝利するまでの物語。
「チェ 39歳別れの手紙」は、キューバ政権での地位、何不自由ない暮らし、家族を
全て捨てて、ボリビアの革命戦争に身を投じ、ボリビア政府に処刑されるまでを描くもの。

「チェ 28歳の革命」は、革命の理念を行動に移し、それが成功するので、
映画自体もとてもドラマティックで高揚感がある。
ゲバラはとても自信に満ち、成功を確信しているように見えた。

「チェ 39歳別れの手紙」は、ボリビアでの革命戦争で数々の失敗を犯し、
仲間を失い、追い詰められ捕らわれてしまう。
歴史的背景に詳しくないので、戦場での駆け引きや事態の変化がわかりにくく、
少し単調なのだけど、後からじわじわと考えさせられるのは「39歳」のほうだと思った。
ゲバラに、キューバ革命時の確固たる自信のようなものは感じられず、
明日何が起こるかわからない、そんな恐れの中の迷いとか、
私はむしろこの頃のゲバラに人間らしさを感じた。
捕らわれの身になり、処刑される時のデル・トロの表情は、
本当にこの人がゲバラなのかも?と錯覚してしまったほど。

ラテンアメリカの歴史的背景、アメリカとの関係、キューバの歴史…。
知らないことが多すぎるので、勉強してから見れば、もっと味わい深いのだろうなあ。
ゲバラ関係の本を読んでから、もう一回観てみたい映画。

今朝の中日新聞サンデー版には、タイムリーに「キューバ革命50年」の特集。
「こんな国はどこにもない。
社会主義国なのに官僚的でない、一党独裁なのに権力の腐敗がない、
米国にいじめられ続けてもめげない、貧しいのに明るい、苦しいのに希望に満ちている・・・。」
大学生の頃、村上龍がキューバを大絶賛していたり、
映画が話題になって、キューバ音楽が注目されたりしていたけど、
キューバにもゲバラにも特に興味を持つことがなかった。

でもこの映画を観て、すごく知りたくなってきた。
日本経済を牽引してきた自動車産業の工場ラインを支えてきた人々が、
景気が傾いたとたんに真っ先に職と住まいを失う…そんな事態になるしかない今の日本が、
この先の道を探る何かのヒントがあるのかもしれない、という気が少しする。

ゲバラって今もすごく人気があるけど、その人気の理由が少しわかったような。
すごく愛のある、大きな人物だったのだなあと。
さらに信念があって実行力がある。
おまけに知的でオシャレときたらモテるに違いありません。

何をするにも、根底に愛を込めないと、何も変えられないんだろうな。
そんなことを思いました。
[PR]
# by sayacok | 2009-02-08 22:36 | MOVIE

タミフル玉砕

先週5日間ほど、インフルエンザで倒れてました。

それほど高熱にはならなかったものの、
職場にインフルエンザの人がいたため、念のため検査したら陽性。
タミフルを処方されたので、一錠飲んでみた。
周囲から心配された異常行動(三十路なのに・・・)はないものの、
飲んでも一向に熱がさがる気配はなく、4~5時間後に嘔吐。
そしたら一気にすっきり。
嘔吐は副作用で結局効いたのか、薬が合わずにもどしてしまったのか、ナゾのまま。

「服用後30分でお風呂に入れた」などまことしやかに囁かれるタミフル神話。
早くラクにしてくれーとばかりに服用してしまったけど、
普段薬を飲みなれていない自分には、ちょっと強すぎる薬だったのだな。
合う人には劇的に効くのだろうけど。
合わないということが身をもってわかったのは、まあよかったことかな?
[PR]
# by sayacok | 2009-01-18 18:15 | DAY&NIGHT

さよならお正月

c0055740_0265139.jpgお正月最終日。涙をこらえて、髪を切って仕事はじめへの準備です。

妹とバーゲンに乗り込む前に、お腹を満たすため某カフェへ。
かなりお腹が減っていたため、スポンジケーキが食べたくて、ロールケーキセットを注文。
…ロールケーキてんこ盛り。なんかこう…盛り付けとか…バランスとかさ…。
すぐ入れそうな、少し高めのマダム系カフェに入ったのですが、妹曰く「マダム系カフェはツッコミどころが満載だ」とのこと。

バーゲンでは結局財布の紐がゆるまず、買わずじまい。
プレセールで買いたいものは買ったから、まあいいのだ。
春物買うために、お金をとっておかないと。
今年は、明るい色が着たい気分です。
黒は今年は控えめにしたいなあ。
[PR]
# by sayacok | 2009-01-05 00:43 | DAY&NIGHT

食べっぱなし

c0055740_0165863.jpgお正月3日めは彼氏さんちでお雑煮&豚キムチ。
お雑煮は作ってもらいました。
昨年は結局サボリ倒したお料理、今年はやる気に満ちてます。…今のところ。

お正月って食べる量が日常より明らかに倍増しているなあ。
でもお正月って素敵。
ここ数年お正月の素晴らしさをかみしめております。
[PR]
# by sayacok | 2009-01-05 00:19 | DAY&NIGHT